土地売買の流れ

1.打ち合わせ
まず始めに当社が所有している分譲用地を御紹介し、エリアや広さや価格などがご希望に沿わない場合、不動産情報からの売土地を御紹介させて頂きます。
2.現地確認
打ち合わせ後、いくつかピックアップ頂き、気に入られた土地の現地確認をご案内させて頂きます。紙面上では分からない雰囲気や近隣の状況などもこちらで確認頂いております。                  
3.買付証明の作成
土地情報は多くの不動産業者が共有している情報ですので、気に入られたらまず土地を抑えていただく事が大切です。当社所有の分譲用地ですと口頭でも問題なく商談中で抑える事が可能ですが、他社所有の売土地の場合ですと、口頭で予約などの抑えは厳しいため、書面によって購入意思を証明するのが【買付証明書】を提出致します。こちらには、購入したい土地の所在地・面積・地目・価格・購入の条件などを書き添え、売主へ提出するために、当社へ一旦お預かりさせて頂き、当社はお客様と売主との間にたって仲介業務を行わせて頂きます。
4.手付金のお支払い~ご契約
売主へ買付証明書を提出し、値段交渉なども行います。値段交渉後、売買代金が成立しますとご契約の運びとなります。 一般的にはご契約の前に、買付証明書を提出する際、手付金と言う申し込み金をお支払いいただくことになります。これは、ご契約金へ最終充当されるものですが、売主側の意向によって、契約書締結時でも結構ですと仰る場合もあります。従いまして、契約前もしくは契約時には自己資金のお支払いが必要になります。 
5.住宅ローンを利用する場合
土地を購入し建物を建築しますと数千万円の予算が必要になってきます。これら全額自己資金という方もおられますが、大半は住宅ローンを併用利用されますので、予め住宅ローンの事前審査にかけておくと手続きが円滑に進みます。当社では、お客様のご要望をお伺いしながら、ベストな住宅ローンの組み方などもご提案させていただいておりますので、安心してお任せ下さい。 
6.土地決済
契約が終わりますと、契約書上残代金の支払い期限を迎えます。それら残代金を支払い、売主からお客様の名義に変更する書類に署名押印をし取引を行います。これらを『決済』を言います。通常、残代金の支払い金額は高額になるため、銀行の一室をお借りし、これらの取引手続きを行います。 
7.所有権移転登記の完了
土地決済時に署名押印しました登記書類(所有権移転の書類)は法務局へ提出し、手続きを行います。1週間程度で、登記識別情報(権利書)が完成し、お客様へお渡しさせて頂き、売買手続きが全て完了となります。 
以上が土地売買の流れになります。建物建築との打ち合わせと平行して行っていきますが、複雑なことではございませんので、安心してお任せ下さい。なお、土地取引に関しましては本人確認資料が必要になっております。運転免許証や住民票なども必要となりますので、事前にご案内させて頂きます。